日本刀
日本刀
日本刀
Arrow
Arrow

石田切込正宗(いしだきりこみまさむね)・・・石田三成


日本刀を鍛錬する過程において、不純物や、ちょっとしたミスが疵都なって現れることがある。こうした疵は日本刀の美術品としての価値を下げる要素となるが、疵であって疵とされないものもある。「矢疵」と「切込疵」である。武人にも、現代の愛刀家にも尊重・珍重されている。

 この切込疵にちなんでのちに異名をつけられ田野が、「石田切込正宗」。相州の名工正宗の作である。物打(物を斬る力点にあたる、12cm位の部分)と鍔に近い部分の二か所に切込疵がある。

石田三成の愛刀であったが、この疵は三成の元に渡るよりもはるか以前に、どこかの戦場で受けた物であろう。秀吉没後、清正や福島正則らに襲撃された三成は家康に助けを求めた。三成は奉行を辞職し領地の近江佐和山に帰ることとなった。道中警護して付き添ったのが結城秀康である。家康の二男として生まれ、秀吉の養子となった人物である。

 秀康の厚意に応え、三成は愛刀正宗(石田切込正宗)を秀康に贈ったという。

 現在は、重要文化財に指定され、東京国立博物館が所蔵している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です