日本刀
日本刀
日本刀
Arrow
Arrow

二つ銘則宗

二つ銘則宗(ふたつめいのりむね)

 鎌倉時代に活躍した備前国(岡山県南東部)の刀匠・福岡一文字則宗の作とされる。足利将軍家が天下五剣の鬼丸国綱、大典太光世と並ぶ第三の宝剣としてきた名刀。十五代将軍・足利義昭が手放した二つ銘則宗は秀吉の手に渡った。英哉氏は京都の愛宕神社に神宝として奉納した。現在は、重要文化財に指定され、京都国立博物館で寄託・管理されている。

 鶴丸国永(つるまるくになが)

 平安時代の刀匠・五条国永の作刀の中でも最も優れた太刀といわれている。鎌倉幕府の御家人・安達泰盛が持っていたが安達一族が滅びると、北条貞時の手に渡った。

 細身で鋒が小さく、優雅で洗練された姿、武器というより美術品として優れた名刀である。北条家から織田信長、仙台藩の伊達家へ渡り、維新ご、明治天皇に献上され、皇室の御物となった。

 大般若長光(だいはんにゃながみつ)

 鎌倉時代の刀匠・備前長船長光の代表作。足利将軍家から織田信長、徳川家康、その後も転々として、明治・大正・昭和の政治家伊東巳代治へ。国宝に指定され、東京国立博物館が所蔵している。

 身幅広く、反り高く、派手で豪壮な姿は目立つ存在だった。足利氏の重宝だったころ600貫という値が付けられた。「大般若」の名は、600貫と、「大般若経」という600巻からなる経典を掛けて付けられた号である。昭和14年(1939)東京都知事の月収が5000円といわれたころ、五万円で帝室博物館(現東京国立博物館)で買い入れた。