日本刀
日本刀
日本刀
Arrow
Arrow

武将の愛刀

黒漆大刀(くろうるしのたち)・・・坂上田村麻呂

 坂上田村麻呂は、平安時代の武官で、蝦夷征討の際の征夷大将軍としてしられるが、武力一辺倒の人物ではなかった。田村麻呂のは佩刀「黒漆大刀」は堅牢で強固、豪壮な武人が持つにふさわしい刀である。反りの無い直刀で、古墳時代から続く姿をしている。「たち」というが、反りのある「太刀」でないことは「黒漆大刀」の字を見れば分かるであろう。田村麻呂の死後天皇家に所蔵された。現在は重要文化財に指定され、京都の鞍馬寺が所蔵している。

 毛抜形太刀(けぬきがたたち)・・・藤原秀郷

 藤原秀郷は、「新皇」を名乗り朝敵となった平将門を討伐し、乱を平定した武将である。その秀郷の愛刀が、三重県伊勢市の神宮徴古館にある。直刀家ら反りのある太刀に移行する過渡期の形態で、鍔元だけが湾曲し、茎(なかご)がそのまま柄となっている。茎には貴人の使う毛抜に似た透かし彫りが施されており、それがこの名の由来である。

 髭切(ひげきり)・・・源頼朝

 髭切は、平安時代中期、源満仲の代に作られた太刀で、陸奥国(東北地方)の刀匠が作ったとか、筑前くに(福岡県北西部)に住む異国人の刀鍛冶が作ったなどといわれている。現在この太刀を所蔵する北野天満宮(京都府)によれば、当初は「安綱」と刻銘してあった。つまり伯耆国(鳥取県西部)の刀匠・大原安綱の作とみられるが、後に安の字に字画を加えて、「國綱」にされたとする説もあり謎が多い。

 源氏重代の太刀として大切にされてきたこの髭切は度々名前を変えた。まずは、罪人の死体を使って試し斬りをした際、髭まで斬れたことから、この名がつけられた。

 満仲の子・頼光の代のこと。鬼に襲われた時とっさに腕を斬り落とした時の太刀が髭切で、この後「鬼切」に名を変えたという。

 その後、為義の代には、獅子のなくような声で吼えたことから「獅子の子」と呼ばれるようになる。

 また、ある日のこと獅子の子と「小烏」という刀を並べ、鞘から抜いて立てかけていた。すると触れてもいないのに、突然もつれるように倒れ、小烏が二分(約6㎜)程斬られている。まるで同士討ちのようだということで「友切」と呼ぶようになった。

義朝の代になると源氏の敗戦が続く。八幡大菩薩に「友切という名が縁起悪い」とのお告げをうけもともとの名「髭切」の名に戻すと源氏は勢いを取り戻した。

 義朝が死ぬと、髭切は息子・頼朝に受け継がれ、源平合戦を勝利に導いたとされている。

 薄緑(うすみどり)・・・源義経

 「髭切」の兄弟刀として「膝丸」の名が挙げられる。膝丸も次々と名前を変えている。まずは試し斬りの際、膝まで斬れたことから「膝丸」

 源頼光が、己を熱病に苦しめた土蜘蛛を切ったことから「蜘蛛切(くもきり)」。

 為義の代には、夜になると蛇の鳴くような声で吼えたたことから「吼丸(ほえまる)」に。その後源義経が吼丸を譲りうけた。義経は大層喜び、熊野の春の山にちなみ「薄緑(うすみどり)」という名に改めた。義経の死後、薄緑は頼朝の手に渡った。そこでかっての兄弟刀が一つの場所に戻ることとなった。現在薄緑の所在は不明である。